秋に発売予定の新製品を開発する為に工場へ。

その地は東京から北へ行ったところにあり3月に入った今も雪が降っていました。

 

工場へ行くといつも現場の熱気、迫力に圧倒されます。

外は雪でも寒さを忘れさせてくれます。

そんな場だから、非常に刺激的であり、自然とテンションが上がります。

 

我々は全員で物を作っています。

新しい物を作る時も当然、全員で作ります。

現場に居る職人に機械と向きあってもらい、無謀とも思われる事に挑戦してもらう事もあります。

 

今回はあばれる靴を押さえ込みながらミシンで縫ってもらいました。

最初は酷いじゃじゃ馬でしたが慣らし終えたように静かに縫い終え、靴を渡してくれた瞬間の笑顔に、しびれました。

失敗もありましたが新たな発見と共に可能性を感じさせてもらえたと思います。

 まだ荒削りなのでお見せできませんが楽しみにしていてください。

新しい画像 (1).png

新しい画像 (2).png

 

Designer